カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

神田教会について

日本で最初に聖フランシスコ・ザビエルに捧げられた教会

カトリック神田教会は1874年(明治7年)1月にこの地に創設され、東京のカトリック教会でも有数の歴史を持つ教会です。
その出発は1872年、三番町において始められたラテン学校です。再宣教に備えて将来の司祭をひそかに養成し始めていたおり明治6年2月24日にキリスト教の禁教令も解かれ、フランス公使ベルトミー氏の斡旋により、この地にあった元旗本の三屋敷を入手し、その70畳の大広間を聖フランシスコ・ザビエルに捧げる聖堂としたのが今日の神田教会の始まりです。

明治10年には初代教区長ピエール・マリー・オゾーフ司教の居住地となり、東京の宣教の拠点となりました。
明治29年10月28日に、本格的な聖堂が建立され、大正2年2月20日、神田一帯の大火の後には煉瓦造りの聖堂が建てられました(大正4年3月14日)。8年後の関東大震災により、この聖堂は失われましたが、当時の主任司祭ジャン・マリー・シュレル師の尽力と使徒の協力により、1928年(昭和3年)12月9日、現在も健在な聖堂が完成しました。厳しい歴史の風雪に耐え、東京の都心部にありながら、聖堂内は静寂な祈りの雰囲気を保ち続けております。
祈りの家、心の憩いの場として多くの人々のご来訪をお待ちしております。

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.11.18 年間第三十三主日

     [そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る。そのとき、人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。《「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。 それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。 はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。《「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。《(マルコ13・24*32)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報