カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

神田教会について

日本で最初に聖フランシスコ・ザビエルに捧げられた教会

カトリック神田教会は1874年(明治7年)1月にこの地に創設され、東京のカトリック教会でも有数の歴史を持つ教会です。
その出発は1872年、三番町において始められたラテン学校です。再宣教に備えて将来の司祭をひそかに養成し始めていたおり明治6年2月24日にキリスト教の禁教令も解かれ、フランス公使ベルトミー氏の斡旋により、この地にあった元旗本の三屋敷を入手し、その70畳の大広間を聖フランシスコ・ザビエルに捧げる聖堂としたのが今日の神田教会の始まりです。

明治10年には初代教区長ピエール・マリー・オゾーフ司教の居住地となり、東京の宣教の拠点となりました。
明治29年10月28日に、本格的な聖堂が建立され、大正2年2月20日、神田一帯の大火の後には煉瓦造りの聖堂が建てられました(大正4年3月14日)。8年後の関東大震災により、この聖堂は失われましたが、当時の主任司祭ジャン・マリー・シュレル師の尽力と使徒の協力により、1928年(昭和3年)12月9日、現在も健在な聖堂が完成しました。厳しい歴史の風雪に耐え、東京の都心部にありながら、聖堂内は静寂な祈りの雰囲気を保ち続けております。
祈りの家、心の憩いの場として多くの人々のご来訪をお待ちしております。

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.07.22 聖マリア(マグダラ)

     週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。《マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか《と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。《こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。

     イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。《マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。《イエスが、「マリア《と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ《と言った。「先生《という意味である。イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。《マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました《と告げ、また、主から言われたことを伝えた。(ヨハネ20・1*2、11*18)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報