カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス


祭壇の中央正面にあるステンドグラスは、
細川晴美さんの作品です。
細川 晴美(ほそかわはるみ)

主な作品
カトリック神田教会
佐原カトリック教会
大垣市運動公園
千葉県流山市立図書館

マリア・テレサ・レクレフスカ(ヴィトラージェ工房)作のステンドグラス

第1窓 第2窓 第3窓 第4窓
第5窓 第6窓 第7窓 第8窓
第9窓 第10窓 第11窓 第12窓
 
第13窓 第14窓 2階  
ヴィトラージェ工房と設立者マリア・テレサ・レクレフスカの略歴
1956年 ヴィトラージェ工房の設立者であるレクレフスカ(1931年生)は、ワルシャワ美術大学を卒業(タペストリーを専攻)。卒業後2年間、パリの国立芸術学院とジャック・ル・シュバリエが主宰するアトリエ「ダールサクレ」にてステンドグラスを学ぶ。
1960 – 61年 ワルシャワの聖マーチン教会のステンドグラスを制作
1964 – 78年 ブロツラフの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。これらの作品で、1976 年に“ブラザー・アルバート賞”(ポーランドの宗教芸術分野で最も権威のある賞)を受賞。
1966年 スイスのアスコナ町にあるプールのステンドグラスを制作。
1976年 パリより帰国し、テレサ・レクレフスカ工房を設立。
1976 – 81年 ノビソンチの聖マルへリタ教会のステンドグラスを制作。
1979 – 81年 チェンストコバの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1981 – 83年 ブラツラフの聖アルバート教会のステンドグラスを制作。
1983 – 84年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作
1990年 現在のヴィトラージェ工房に改名する(因みにヴィトラージェとは、ポーランド語でステンドグラスのこと)。
1984 – 91年 ワルシャワの聖アンドリューポポラ教会のステンドグラスを制作。
1991 – 92 年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1991年 ワルシャワのボス・ホテルのステンドグラスを制作。
1992年 モストスタル建設会社会議室のステンドグラスを制作。
1993年 PZUポーランド国立保険会社本部のステンドグラス制作。
1993 – 94年 ブデクスポ建築国際見本市(ワルシャワにて)のステンドグラスを制作。
都立芝商業高等学校のステンドグラス、壁画モザイクを制作。
1995年 埼玉県熊谷市の熊谷警察署庁舎のステンドグラスを制作。
1995 – 1997年 東京千代田区のカトリック神田教会のステンドグラスを制作。
バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.03.19 聖ヨセフ

     ヤコブはマリアの夫ヨセフをもうけた。このマリアからメシアと呼ばれるイエスがお生まれになった。イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。 マリアは男の子を産む。その子をイエスと吊付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。《ヨセフは眠りから覚めると、主の天使が命じたとおり[にした](マタイ1・16、18*21、24a)

    または、

     [イエスの]両親は過越祭には毎年エルサレムへ旅をした。イエスが十二歳になったときも、両親は祭りの慣習に従って都に上った。 祭りの期間が終わって帰路についたとき、少年イエスはエルサレムに残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。イエスが道連れの中にいるものと思い、一日分の道のりを行ってしまい、それから、親類や知人の間を捜し回ったが、 見つからなかったので、捜しながらエルサレムに引き返した。 三日の後、イエスが神殿の境内で学者たちの真ん中に座り、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。聞いている人は皆、イエスの賢い受け答えに驚いていた。両親はイエスを見て驚き、母が言った。「なぜこんなことをしてくれたのです。御覧なさい。お父さんもわたしも心配して捜していたのです。《すると、イエスは言われた。「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。《 しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。(ルカ2・41*51a)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報