カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第3窓

第3窓
唯一の主、神の御ひとり子、イエス・キリストを信じる。

この窓は原罪と、我らを原罪から救うために天から下って葬られた救世主のキリストの実在を絵画的に現わしている。

1 ・2 、罪や世界の調和を破るシンボルとして現わしている、アべルを殺しているカインの場面とウサギに噛み付くライオンの場面。
3 、最初の人間を誘惑して神に対して罪を被せた天使(つまり、サタンや悪魔)の罪を抽象的に語る窓。
教会の教えによると、その天使はもともと善い天使だったが、神と天国に対して自分の意志によって全面的に反抗したものである。堕落した天使をしのぎ、馬に乗っているキリストの像は黙示録に喩えられている。「そして、わたしは天が開かれているのを見た。すると、見よ、白い馬が現れた。それに乗っている方は、『誠実』 および『真実』と呼ばれて、正義をもって裁き、また戦われる。」(黙19 章11 節)。
4 、神に対する信頼、また神と共にいるという幸福状熊を象徴している楽園から逃げていくアダムとエヴァ。
ステンドグラスでは、神が自分の子供を呼び戻すように手を伸ばしている。しかし、逃げつづけるアダムとエヴァの心には創造の神に対する信頼が消え去った。人間が認め尊重すべき越えてはいけない限界を象徴している楽園の木は強風に乱されている。「このようなわけで、一人の人によって、罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。」(ロマ5 章12 節)。
5 、幸福のエデンの園に対して苦労の園であるゲッセマネ。
ゲッセマネは孤独のイエスの精神的な苦しみを象徴している。その苦しみによって救世主は神に対する人間の信頼を挽回させたのである。「一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。」(ロマ5 章18 節)。
6 、太陽で囲まれている聖母の像。
「お前のと女、お前の子孫と女の子孫の間にわたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く。」(創3 章15 節)。処女マリアは月に立っており、そして彼女の足の下には蛇の形をしているサタンが見える。「また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。」(黙12 章1 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.10.17 聖イグナチオ(アンチオケ)司教殉教者

     [そのとき、イエスは言われた。]「あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。薄荷や芸香やあらゆる野菜の十分の一は献げるが、正義の実行と神への愛はおろそかにしているからだ。これこそ行うべきことである。もとより、十分の一の献げ物もおろそかにしてはならないが。 あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。会堂では上席に着くこと、広場では挨拶されることを好むからだ。 あなたたちは上幸だ。人目につかない墓のようなものである。その上を歩く人は気づかない。《そこで、律法の専門家の一人が、「先生、そんなことをおっしゃれば、わたしたちをも侮辱することになります《と言った。イエスは言われた。「あなたたち律法の専門家も上幸だ。人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ。《(ルカ11・42*46)

     

    2018.10.18 聖ルカ福音記者

     [そのとき、] 主はほかに七十二人を任命し、御自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。そして、彼らに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。 財布も袋も履物も持って行くな。途中でだれにも挨拶をするな。 どこかの家に入ったら、まず、『この家に平和があるように』と言いなさい。 平和の子がそこにいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。もし、いなければ、その平和はあなたがたに戻ってくる。 その家に泊まって、そこで出される物を食べ、また飲みなさい。働く者が報酬を受けるのは当然だからである。家から家へと渡り歩くな。どこかの町に入り、迎え入れられたら、出される物を食べ、その町の病人をいやし、また、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。《(ルカ10・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報