カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第4窓

第4窓
主はよろず世のさきに、父より生まれ、神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られずして生まれ、父と一体なり、すべては主によりて造られたり。

この窓は、神の子、神の言葉、メシア、キリストなどと名乗られている三位一体の名を絵画的な表現に試みている。四福音書にはナザレのイエス、ヨセフの子などと書かれている。

1 ・2 、天使に囲まれた、キリストの名の伝統的な是初の二文字(XP)とIHS ( In Hoc Signo またはIesus Hominem Salvator )。
3 、「主」=「Kyrios」=「JHWH 」という言葉を象徴している窓。
この名は神の支配を意味している。イエスの名を主の意味で使うことはイエス自身を神として見なすことである。「このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、『イエス・キリストが主である』 と公に述べて、父である神をたたえるのです。」(フィリピ2 章9 節)。ステンドグラスには、イエス・キリストは、雷のような光に囲まれて、支配者のように立って左手に聖書(つまり神の言葉)を持っている姿で現されている。「顔は強く照り輝く太陽のようであった。」(黙1 章16 章)。
4 、神「イエス」(つまり「神は救い」)という名を告げられたヨセフの夢。
「[マリアは]」男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。」(マタ1 章21 節)。眠っているヨセフの上に天使が頭を下げて受胎告知の場面(ステンドグラスの上部)へ指を差している。「この子は自分の民を罪から救うからである。」(マタ1 章21 節)。「わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」(使4 章12 節)。
5 、羊飼いたちにメシア(つまり油注がれた者=キリスト)の誕生を告げる天使。
その地方で羊飼いたちが野宿を[. . . ]していた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らした[. . . ]。『 大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである』。」(ルカ2 章8 – 11 節)。ステンドグラスの下の部分には、天から照らす光を浴びていろように見える羊飼いたちがいる。丘の上には、皆に注目されている天使が見える。その側には、イエスの質問に「あなたはメシア、生ける神の子です。」(マタ16 章16 節)。と答えているシモン・ペトロの姿が描かれている。
6 、高い山の上における不思議な変容のとき、イエスが自分の神なる栄光を三人の人に見せる。
雲から声が聞こえてくる:「これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け。」(ルカ9 章35 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.08.22 天の元后聖マリア

     [そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。]「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。 五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、 彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。 夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。

      そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。 それで、受け取ると、主人に上平を言った。 『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに上当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。 自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。《(マタイ20・1*16)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報