カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第5窓

第5窓
われらの救いのために天より<だり、聖霊によっで、おとめマリアより御からだを受け、人となられたイエス・キリストを信じる。

この窓は、神の子が体を受ける神密を表現しようとしている。聖母マリアは、「[ . . . ]満ちあふれる神性が、余すところな<、見える形をとって宿って」(コロ2 章9 節)。いる人を生むように選ばれたのである。神の唯一の子として生まれた彼女の子は「キリスト」、つまり聖霊に油注がれた者である。キリストのすべての人生は、「神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました」(使10 章38 節)。ことを証明している。キリストがヨルダン川で洗礼を受けたとき、「聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来て、『あなたはわたしに愛する子、わたしの心に適うもの』という声が、天から聞こえた。」(ルカ3 章2 2 節)。それは、イスラエルのメシアと神の子としてのイエスの自己啓示である。神の受肉を告白するには、人間は信仰の目を必要とされる。盲人を癒すことやダマスコへ行く途中の聖パウロの幻などは、そう言った「特別な視力]、つまり信仰のシンボルである。「わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、」(ヨハ1 章14 節)とある。

1 ・2 、その神秘的な花を見た人がいない羊歯。目は信仰を象徴している。
3 、聖霊による聖母マリアの受胎。
有名な画家Fra Angelicoの壁画をテーマにしている。
4 、ヨルダン川でのイエスの洗礼者。
洗礼者ヨハネとキリストは、ユダの砂漠に喩えられている岩や丘に囲まれている。左側には、キリストの普難を予告する羊が見える。
5 、ダマスコへ赴く若き聖パウロは、岩に囲まれで自分の見えない目を手で隠している。
仲間たちは恐れている馬を押さえている。十字架に架けられているキリストが光を浴びながら雲から現れてくる。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」(ヨハ9 章39 節)。
6 、生まれつきの盲人を癒すイエス。
上部には曲がりくねる道や、赤の部分にはレンブラントの有名な絵を喩えるエマオでの晩餐。「二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えな<なった。](ルカ24 章31 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.10.17 聖イグナチオ(アンチオケ)司教殉教者

     [そのとき、イエスは言われた。]「あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。薄荷や芸香やあらゆる野菜の十分の一は献げるが、正義の実行と神への愛はおろそかにしているからだ。これこそ行うべきことである。もとより、十分の一の献げ物もおろそかにしてはならないが。 あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。会堂では上席に着くこと、広場では挨拶されることを好むからだ。 あなたたちは上幸だ。人目につかない墓のようなものである。その上を歩く人は気づかない。《そこで、律法の専門家の一人が、「先生、そんなことをおっしゃれば、わたしたちをも侮辱することになります《と言った。イエスは言われた。「あなたたち律法の専門家も上幸だ。人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ。《(ルカ11・42*46)

     

    2018.10.18 聖ルカ福音記者

     [そのとき、] 主はほかに七十二人を任命し、御自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。そして、彼らに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。 財布も袋も履物も持って行くな。途中でだれにも挨拶をするな。 どこかの家に入ったら、まず、『この家に平和があるように』と言いなさい。 平和の子がそこにいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。もし、いなければ、その平和はあなたがたに戻ってくる。 その家に泊まって、そこで出される物を食べ、また飲みなさい。働く者が報酬を受けるのは当然だからである。家から家へと渡り歩くな。どこかの町に入り、迎え入れられたら、出される物を食べ、その町の病人をいやし、また、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。《(ルカ10・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報