カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第6窓

第6窓
おとめマリアより御からだを受け、人となりたまえたイエス・キリストを信じる。

このステンドグラスはキリストの人格を表現しようとしている。

1 ・2 、愛と苦しみを象徴しているバラ。
3 、救世者が生まれる時刻を知り、星に導かれて遠く離れた国からやってきた三博士の礼拝。
彼らは、子供がメシアであることだと判って、イエスに敬意を表した。「『 私たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』 」「マタ2 章2 節)。
4 、エルサレムの入城は、受難の前の「ダビデの子」に対する敬意でもある。
その日、イエスに従う者たちは、「ホサナ(救い給え)」と叫ぶ神の子供たちや貧しい人たちである。「大勢の群衆は、イエスがエルサレムに来られると聞き、なつめやしの枝を持って迎えに出た。そして、叫び続けた。『 ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように、イスラエルの王に。』 」(ヨハネ12 章12-13 節)。この群衆の中には、後で「十字架につけろ」と叫ぶ者もいただろう。
5 、荒野で誘惑を受けるイエス。
「イエスは[. . . ]、荒れ野の中を(《霊》) によって引き回され、四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。」(ルカ4 章1-2 節)。誇り高い若者の姿を取ったサタンは、世界の支配力を約束してキリストからの敬意を待っている。この場面は、神である子に対する三博士の礼拝に対照している。イエスは、一般の人と同様に誘惑を受けていたが、神の臣下らしく神の意思に従うことにした。つまり、イエスは、最初のアダムが誘惑に負けたことに対して、誠実を守った新しいアダムである。
6 、群集の前、ピラトに取り調べられるイエス。
「イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、『 見よ、この男だ』 と言った。」(ヨハ19 章5 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2018.10.17 聖イグナチオ(アンチオケ)司教殉教者

     [そのとき、イエスは言われた。]「あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。薄荷や芸香やあらゆる野菜の十分の一は献げるが、正義の実行と神への愛はおろそかにしているからだ。これこそ行うべきことである。もとより、十分の一の献げ物もおろそかにしてはならないが。 あなたたちファリサイ派の人々は上幸だ。会堂では上席に着くこと、広場では挨拶されることを好むからだ。 あなたたちは上幸だ。人目につかない墓のようなものである。その上を歩く人は気づかない。《そこで、律法の専門家の一人が、「先生、そんなことをおっしゃれば、わたしたちをも侮辱することになります《と言った。イエスは言われた。「あなたたち律法の専門家も上幸だ。人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ。《(ルカ11・42*46)

     

    2018.10.18 聖ルカ福音記者

     [そのとき、] 主はほかに七十二人を任命し、御自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。そして、彼らに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。 財布も袋も履物も持って行くな。途中でだれにも挨拶をするな。 どこかの家に入ったら、まず、『この家に平和があるように』と言いなさい。 平和の子がそこにいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。もし、いなければ、その平和はあなたがたに戻ってくる。 その家に泊まって、そこで出される物を食べ、また飲みなさい。働く者が報酬を受けるのは当然だからである。家から家へと渡り歩くな。どこかの町に入り、迎え入れられたら、出される物を食べ、その町の病人をいやし、また、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。《(ルカ10・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報