カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第10窓

第10窓
主なる聖霊、生命の与えぬしを信じる。
聖霊は父と子とより出で、父と子とともに拝みあがめられ、また予言者によりて語られた。
2 、聖霊を象徴している水中に炎。
3 、聖霊降臨。
「しかし、弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、教なたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」(ヨハ14 章26 節)。「炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、《霊》が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。」(使2 章3- 4節)。ステンドグラスの下の暗い部分には、バべルの塔がある。「世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。[. . . ]彼らは、『さあ、天まで届<塔のある町を建て、有名になろう。[. . . ]主は降ってきて、[. . . ]言われた。『 直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。』 主は彼らをそこから全地に散らされた[. . . ]。」(創11 章1- 8 節)。この両方の場面[つまり聖霊降臨とバべルの塔]は、神を無視して建てること(バべルの塔)が弱く、神と共に建てること(教会)が強いということを対照している。各使徒が浴びる別々の火の粉と、使徒が以前バべルから散らされた世界の「すべての民族」に向けて使っている言葉とは、教会造りにおける人と神、そして人間同士の本当のコミュニケーションである。そういう風に造られた教会は、バべルの町と違って、神の愛や自由の共同体である。
4 、中世の中東ヨーロッパの伝統による、父と子に囲まれている聖霊。
5 、知恵の都として表してある鳩と聖母マリア。
「わたしはいと高き方の口から出て、霧のように大地を覆った。わたしは高い天に住まいを定め、わたしの座は雲の柱の中にあった。」(シラ24 章3- 4 節)。
6 、旧約の四人の大予言者(イザヤ、エレミヤ、エゼキ工ル、ダニエル)と四人の福音者。
福音者を背負っている予言者たちは旧約と新約の一体化を象徴している。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.07.22 聖マリア(マグダラ)

     週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。《マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか《と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。《こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。

     イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。《マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。《イエスが、「マリア《と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ《と言った。「先生《という意味である。イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。《マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました《と告げ、また、主から言われたことを伝えた。(ヨハネ20・1*2、11*18)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報