カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

主任司祭紹介

アンドレア 髙木賢一 神父

1954年11月 栃木県今市市(現、日光市)に生まれる。高校卒業後、大学進学のために上京。
1976年11月 市川教会にて受洗。1984年4月、東京カトリック神学院入学。
1990年3月 白柳大司教により司祭叙階。市川教会出身。
1990年4月 関町教会助任司祭。1993年4月、荻窪教会主任司祭
1997年4月 東京カトリック神学院・養成担当司祭
2003年4月 町田教会主任司祭
2011年4月 教区本部事務局長・法人事務部長
2019年4月  神田教会主任司祭・法人事務部長

趣味:古地図などを参考に散歩や旅行をする事、ロック・ジャズ及びクラシックを中心とした音楽鑑賞(ここ20数年は特にドビュッシーの「前奏曲集1・2」、「映像1・2」が気に入っている。)

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.11.19

    [そのとき、]イエスはエリコに入り、町を通っておられた。そこにザアカイという人がいた。この人は徴税人の頭で、金持ちであった。イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低かったので、群衆に遮られて見ることができなかった。それで、イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。そこを通り過ぎようとしておられたからである。イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。《ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。これを見た人たちは皆つぶやいた。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。《

    しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倊にして返します。《イエスは言われた。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。《(ルカ19・1-10)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報